都立家政の酒場『もんもん』でユッケ丼とたこ焼き【画像・感想】

この記事を読むのにかかる時間: 40

稽古終わりに先輩がはまっている、西武新宿線は『都立家政駅』にあるたこ焼き酒場もんもんへ。

ここではローストビーフ丼をはじめとした各種絶品丼とたこ焼きをリーズナブルな値段で楽しめます。


落ち着く店内でユッケ丼とたこ焼きを楽しむ

都立家政駅から徒歩五分ほどのところにある、居酒屋もんもん。

この日は事務所の先輩、後輩と5人でお邪魔しました。

幸い平日の17時過ぎだったのでノーゲスト。

  • たこ焼き酒場もんもんの食べログページはコチラ

後輩を待つ間に店外の看板を。

メインのローストビーフ丼・・・めちゃめちゃ美味そう。

大盛りは1㎏ながら1000円というコスパの良さです。

ですが、もんもんではローストビーフ丼以外にもこれだけのバリエーションが。

  • ホルモン丼
  • ゆっけ丼
  • 鶏づくし丼
  • ぼんじり丼
  • 牛すじ牛丼
  • チャーシュー丼

くそ!全部美味いやつじゃねえか!

店内に入る前から店名通りもんもんとしてしまいます。

空腹レベルもMAX。

後輩が来たのでようやく店内へ。

店内はテーブルが3つとカウンターが5席ほど。

そしてこの店内、昭和感というかレトロな雰囲気でめちゃくちゃ落ち着きます。

高校の部活帰りというか・・・なんというかアットホーム感がすごい。

ドリンクメニューはこちら。

どれも東京の普通の居酒屋より安めです。

たこ焼きとつまみメニュー。

おつまみもたこ焼き含めて、全部500円以下とこちらも良心的。

悩んだ末に丼は「ユッケ丼(中盛900円)」に。

ローストビーフ丼も悩んだけど後輩が注文したので、自分はこちらに。

たぶんローストビーフ丼を初めに頼んじゃうと置きにいきがちなO型の自分は絶対にローストビーフしか食えなくなる・・・。

ユッケ丼・・・やはり美味。

柔らかいお肉と甘いたれ、そして大葉がアクセントとなりがんがんスプーンが進む!

ごま油の風味もたまらない。

夢中で完食。

ちなみに後輩二人はローストビーフ丼の大盛(1100円)を注文。

1㎏オーバーとは書いてたけど、その通りローストビーフの量が半端じゃない。

残すなら少しくれとお願いするも、苦しい顔しながらきっちり食べ切りやがった。

丼を食べ終わったところで居酒屋モードに切り替え。

たこ焼き酒場と銘打っているならたこ焼きも頼まねば。

ということで先輩が気になってたたこなべ(500円)を注文。

明石焼きに似ていますが、卵と和風だしが染み渡る。

画像右にあるごま油で味変して楽しむも良し。

そして、このお店で驚愕したのがこのホッピーセット(白・黒:450円)。

値段や中のおかわり(250円)はそこまで驚くことではないのですが、ここの中は自分で好きなだけ注げるんです!

それも私の大好きな金宮焼酎。

夢中で注ぎまくってホッピー対焼酎の割合は完全に1:9。

~放題といわれるといい年になっても歯止めが効きません。

ほんまこういうとこやで、自分。

酒が進めばつまみも進む。

追加でたこ焼き(ノーマル・マヨネーズあり:300円)とスモークオイルのたこ焼き(300円)を追加。

メインのたこ焼きも関西人納得の味ですが、スモークオイルのたこ焼きがめちゃくちゃ面白い!

スモークの香りがふわっと広がって新鮮な美味しさにドはまり。

次からマストで注文です。

店員さんに「たこ焼きちょうど1人前あるのでいかがですか?」と言われついついチーズのせ(店内のみ:400円)を注文。

相性はもちろん良し。

ホッピー注ぎ放題が嬉しすぎて、外はまだ1杯目なのに金宮中をなみなみ3杯。

はい。見事に記憶なくしました。

次回から気を付けよう・・・。

そんなこんなで、めちゃくちゃ落ち着く店内で絶品の丼とお酒、たこ焼きが楽しめる「もんもん」は四文屋以来、ひさびさに毎週通いたくなるお店。

ただ急に5人でおしかけてローストビーフを食いまくったので、その日のローストビーフが早々になくなる事態に。

「大歓迎なんですが、次回来られる際は事前にお電話いただけると助かります」と店員さん。

仰る通りです・・・申し訳ない。

次回伺う際はちゃんと電話します。



関連コンテンツ

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ