今期も色々なアニメが終わってしまった

この記事を読むのにかかる時間: 741

 どんなものにも最後は別れが訪れる

 今期も大体のアニメが最終話を迎えましたね。

 慣れていても寂しいものです。今期見たアニメを少し振り返ってみます。


今期見ていたアニメを簡単に振り返ろう

私が今期見ていたアニメを簡単に振り返ってみます。

(順不同・まだ放送中のものも含む)

傷物語

化物語の続編。

西尾さんとシャフトの素晴らしいコラボは相変わらずで、期待通り楽しませてもらいました。

「ハミガキ」編で見せてくれたシャフト・声優・西尾さんの本気は今でも私の中に深く焼きついています。

最後の戦闘シーンは「あれ・・?」ってところもありましたが、シャフトの地上波なら全然納得。

ちはやふる

百人一首を題材にした少女マンガが原作。

今期1だという人もいますが、それも納得のおもしろさです。

というか個人的に少女マンガ原作のアニメってあまりハズレがないイメージがあります。

百人一首というマイナーな競技を題材にして、個性的なキャラクター達がそれぞれ苦悩しながらも自分たちが活躍できる道を見出し成長してく・・・。

作画はもちろん、演出や声優さんの演技も申し分なくて、とても丁寧な印象を受けるアニメです。

深夜枠なのがもったいないくらい

(´・ω・`)

名人戦でクイーンとキングという強大な敵の強さが改めて浮き彫りになり、主人公が所属する高校のカルタ部での新たな変化を予告して今期は終了しました。

2期に関する明確な予告はありませんでしたが、恐らくやるでしょう。というかぜひやってください。

パパのいうことを聞きなさい!

原作はよくわかりませんが、ちはやふると合わせて視聴していたアニメ。

事故で両親を失った3姉妹を大学生の主人公が一気に引き受けて育てるというトンデモ設定。

完全にあっちのゲームのような無茶な設定の上に、やはりそういった演出は目立ったのですが(萌え要素ってやつ?ヨクワカッテナイ)、登場するキャラクターの魅力なのか独特の温かみのある作品でした。

特に作中に登場する三女「ひな」役を務めた声優さんの演技が印象的で、めちゃくちゃな設定にも関わらず見ていて自然と胸が熱くなることもしばしば。

男子高校生の日常

ギャグアニメ。

相変わらずの杉田さんの演技や他の声優さんの新たな挑戦、ギャップありまくりのOPにいつまでやんだよという先行放送と、色々とはちゃめちゃでしたが素直に楽しめました。

原作を読んだことはないのですが、作品にあわせた演出や演技が好印象。

Anotherと同じ日にやっていたので

アナザーで少しウツったり複雑な気持になる→おバカなこの作品を見て元気出す

というのがおきまりのコースでした。同じような人、多かったと思います。

この作品はどう終わってくれようと構わなかったのですが、よくある夢オチで綺麗に(?)終了しました。

原作がどこまで進んでいるのかわからないのですが、いつか続きをやってくれるのなら必ず視聴します。

未来日記

 

 色々な意味ですごいアニメ。

未来日記とよばれる携帯電話での様々な予知能力を手に入れた「所有者」たちが、最後の一人になるまで殺しあうという設定。最後の一人になれたご褒美は「神さま」になれるというものです。

・日記所有者の主人公は殺すことに長けた精神異常な少女(いわゆるヤンデレ)と共に他の所有者達と戦います。

・所有者達は熾烈な戦闘を繰り広げ、、周りに迷惑をかけまくります。

・爆弾で主人公の通う中学校を何の罪も無い学生ごと吹き飛ばしたお姉さんがいつのまにか視聴者達からヒロイン扱いされます。

本当にめちゃくちゃな上にところどころで笑える箇所がいっぱいあるのですが、それが逆にこの作品の魅力となって多くの視聴者から支持されています。

次で最終話でしょうか?所有者もついに主人公とその少女2人だけになり、物語の核心となる謎の答えも公開されました。

どのようなラストを迎えるのか、原作を知らない私はただ楽しみです。

アクエリオンEVOL

 

たとえ、見はじめて受けた印象が「微妙」でもなんやかんや最後まで観てしまうのがアクエリオン。

お決まりの展開・恋愛模様・熱さにうんざりしていても最後まで観てしまうのがアクエリオン。

エヴァと一緒にパチンコで並んでいたらなんやかんやで打ってしまうのがアクエリオン。

物語が進んで少しずつおもしろくなってきましたが。

というか犬僕といい、アクエリオンといいギルティクラウンといい、今期は中村さんの活躍がスゴイ。

彼の声は大好きなので個人的には嬉しいですが。

アクエリオンでもちょうどいいキモさでむしろ心地いいです。

銀魂

毎週欠かさずは見ていませんでしたが、たまに観ても楽しめるのが「銀魂」の魅力。

ボケ満載でもところどころできっちり締めるストーリー、魅力的なキャラクター、番組スタッフや出演声優達のおふざけは何度見ても飽きることは無いです。

原作がジャンプでの連載当初、打ち切りの危機に瀕していたのも今となってはネタの一つですね。

今後もアニメ・原作ともども長く愛される作品であって欲しいです。

Another

ただ視聴者を恐がらせるだけではなく、自然と惹き込まれる設定や演出で最後まで注目を集め続けたアニメ。

ついに死者の正体が明かされる最終話はワクワクしながら観させていただきました。

結局、死者はクラスの副担任。

さらにその人は実は主人公の叔母だったというオチつき。

(叔母は作品にも登場しましたし、ヒントもいくつか出てきていたようなのですが全く気づきませんでした)

さらにさらに!これは作品を見た人のコメントで気づいたのですが、クラスの副担任の声優さんのページが放送終了と同時に所属事務所から削除されていたのだそうです。

視聴者に一人二役がばれない為の凝った演出です。

死者が死んだら現象(クラスの生徒が死に近くなり次々と事故で亡くなる)は止まるのですが、同時に死者を殺した際に居合わせた人物意外の記憶からもその人に関することは一切忘れてしまいます。

その設定と合わさって死者が消えた瞬間にその声優さんのページも消えてしまうという今回の作品外での演出は視聴者達に更に深い余韻を与えてくれました。

アニメの外での演出というのはこれまでの作品でもありましたがここまで印象に残るものはなく、このことを知った私は感心しきりでした。

終盤でのガンダムにおけるサンライズばりの虐殺劇は個人的に少しマイナスでしたが(理不尽な急展開を見せられると余計なことに思考が飛んでしまいます)、全体通しておもしろかったです。

ちなみに一番気がかりだったラストの締めは、死者だった叔母の墓地で主人公がヒロインの娘に災厄が終わったことを確認して、聞かれたヒロインが主人公に微笑んで静かに終わるというもの。

それもまた視聴者に不思議な感覚と余韻を与えてくれて・・・とにかく設定以上に番組内外での演出が光った作品でした。

いぬ×ぼく シークレットサービス

 少女マンガが原作なのではじめはお決まりの設定や展開、表現に少し抵抗があったものの個性的なキャラクター達の絡みが気に入っています。

最近では主人公のSSを務める中村さん演じる「御狐神双熾(みけつかみ そうし)」の過去や思惑が明かされました。

ただの従順な下僕かと思ってたらやはり過去にいろいろなことがあったのですね。

主人公のりりちよにどうしてそこまで出来るのか気になっていたのですがスッキリしました。

ラストに期待したいです。

ペルソナ4

最近気になって見始めたのですが、予想以上のおもしろさにびっくりしました。

ただペルソナを駆使して敵を倒していくだけかと思ったら意外と深いストーリーや謎があって、中盤以降のおもしろさは格別でした。

ギルティクラウン

 戦闘シーンでも安定した作画やBGMが非常に良かっただけにある意味残念な作品でした。

基本アニメは作業しながら見るのですが、ながらでは全くついていけない超展開のストーリーで感情移入も難しかったです。

しっかりと見ればある程度は理解できるのでしょうが、2回目を見たいとはとても思えません。

個人的には個性的な登場人物がいたことがまだ救いでしたがシリアスに、または「未来日記」のようにネタとして観るにしても中途半端でした。

とにかくいろいろな面で惜しかったです(´・ω・`)

アニメファンにはワクワクと寂しさが同時に押し寄せる

この時期は既存の深夜アニメの放送終了による寂しさと新たなアニメが始まることへの期待が同時にやってきます。

今期も好きだったアニメが終わり寂しい思いをしたのですが、ここに書くことで区切りがつけられたのでまた次に放送される深夜アニメの中から好きな作品を見つけたいと思います(‘-‘*)


関連記事:

当ブログの人気エントリ一覧

2 Responses to “今期も色々なアニメが終わってしまった”

  1. 隣の家の田中さん より:

    銀魂毎週観てました^^
    最後の最後まで銀魂でしたね
    またアニメやるんでしょうか?楽しみです(^¤^)
    長々とすいませんm(_ _)m

    • ちゃぼ より:

      隣の家の田中さんこんにちは!

      銀魂欠かさずみてたんですね^^

      実は妹も大好きでよく見ていました。なんか今バイトで銀魂のイベントにいっているそうです。本人は銀魂大好きなんで特設会場ですごくテンションが上がっていたのだとかw

      なんやかんやでまたやるでしょうねっ 楽しみです!

サブコンテンツ

このページの先頭へ