焼肉屋『龍の巣』のホルモンは至高

この記事を読むのにかかる時間: 426

 画像が溜まってきた・・・

このブログの記事ネタの画像がたくさん溜まってきていて早く消化してしまいたいちゃぼです。

今回は引越し前に行った行きつけの焼肉屋『龍の巣』のランチを紹介!


他のチェーン店よりも美味い食べ放題

元々この店では食べ放題はやっていなかったのですがそのせいか「少しお高い焼肉屋」というイメージがついていて正直あまり好調ではありませんでした。

ところが食べ放題を入れてから事情が一変。

週末の夜にはそれなりに待たないと入れないほどのお店に!

一応昼からでも食べ放題は食べれるのですが今回はランチセットです!

(昼ならソフトドリンクバーが無料でついてくる)

引越し後にみきてぃとかを連れて行ったときには食べ放題をがっつり食べてきました。

 

さっそくお店へごごう

 

席数はそれなりにあり内装も黒基調で落ち着いていい感じです。

手前のワンピースのやつは100円いれてガシャっとやると立体で組み立てられるカードが出てきます。

100円だからちょこちょこやっちゃいます。(主に妹が)

店員さん曰く、だぶらないので12回やれば全部揃うとの事ですが前回中途半端にやったせいかシャンクスがまた出てきました!

 

こちらがランチメニュー

 

メニューなどなど

 

これが食べ放題のメニュー。

こちらは「ぜいたくコース」です。

3500円にドリンクバーがついて大体4,000円ほど。

 

こちらが「満足コース」

ぜいたくコースだけで選べるやつは赤い●がついています。

1,000円の差なので決して大きくはないですが我が家ではいつもまんぞくコースです。

確かみきてぃの家もそうだったはず。

 

ですが今回はランチなので「ホルモン焼肉セット」を注文!

『龍の巣といえばホルモン』といわれるくらいここはホルモンの種類が豊富で味もいいです。

 

七輪で焼いていきます。

上にはちゃんと煙を吸いだすやつもついてます。

これはたしかセンマイとなんだっけ・・・

 

こちらは妹が頼んだ「サムギョプサルセット」

 

豚ばら肉も一口サイズであまり大きくはないですが味は悪くないです

 

ちゃんと焼いてるところも撮ってくれている妹

 

ドリンクバーはセルフで基本的なものが揃ってます。

 

ウーロン茶もちゃんとあります

 

おかんは「スンデゥブセット」。

鍋などがきたら別でコンロが用意されます。

 

こちらにもホルモンが入っています。

スープは見た目だけでもかなり本格的です。

 

肉がいい感じになってきた!

コリコリや柔らかい食感を堪能していきます。

ランチだろうが食べ放題だろうがここに来たらホルモン食べないと損です!

知らずに死ぬにはあまりにも惜しい味

 

これはサムギョプサルですね。野菜もちゃんと包んでます

 

ランチでも必ず別でこの『特製ホルモン』を注文します。

私の中ではこの特製ホルモンが龍の巣の全てです。

味・柔らかさ共に最高で食べ放題なら常に頼むレベル。

そして脂が半端ないので食べ放題ではいつも我が家の七輪だけがものすごい勢いで燃え上がります!

その場合は氷もらって網に載せて調整(´・ω・`)

 

完全に吹きこぼれるまで温めたスンドゥブ。

はじめて食べてみましたがほどよい辛さでちょうどよかったです。

スープは韓国製のインスタントラーメン『辛ラーメン』に似た感じだったので向こうの本場のは食べたことないですがおそらく近い味なんだと思います。

ホルモンともよく合ってました。

ご飯や締めに入れる麺が進みます。

 食後はアイスクリーム!

 

 食後は近くにある31へ。

今なんかキングサイズを頼むとちっこいのが付いてくる『雪だるまキャンペーン』みたいなのをやっているそうです。

下は店員さん個人のオススメのアイスで上はラムレーズン。

この画像撮ったのがもう1週間ぐらい前だったので何か完全に忘れました・・・。

 

 お馴染みの店内。

ちなみにゴールデンウィークの初日にはみきてぃと2人で近くのサイゼリアで昼飯を済ませてから来ました。

家族連れが多い中で23,24歳のおっさん2人がアイスを嬉しそうに食べている姿を想像してみて下さい。

気分が悪くなったと思います。

 

妹は夏らしい爽やかな組み合わせ。

口に入れてから最後まで爽やかでなぜか部活にあけくれていた高校時代を思い出しました。

もちろん名前は忘れました。確か新製品だったはず!

 

ちゃぼは

「コーンとカップで値段一緒なら食べられるコーンのがお得やろ!」

という関西人っぽい考え方でいつもコーンで注文してしまいます。

そしていつもここらへんまで食べてからコーンのしつこい甘さに後悔するのです。


関連記事:

    None Found

当ブログの人気エントリ一覧

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ